国道4号 日光街道の利根川橋(R125重複区間)

日光街道と利根川
R004_134
徳川家康が江戸(今の東京)に幕府を移したとき、利根川は東京湾に流れていて、江戸はその河口の氾濫域にあった。
水害常習地のこの地に幕府を置こうとした意図は諸説あるが、家康はこの氾濫域を克服する土木工事を行った。
利根川の中流域にあたる現在の渡良瀬・古河付近で川の流れを変える工事を行って、利根川の河口を今の銚子に移した。
これによって江戸は水害から守られるようになり、江戸が発展していった。
同時に、利根川は東北の勢力が江戸への侵入を阻む、天然の外堀の役割も果たしたとされる。
したがって、幕府は、利根川に橋をかけるのには慎重であった。
日光街道が栗橋で利根川を渡るところにも橋は無く、当時は船で渡した。
従って、栗橋側にも、対岸の古河側にも、船待ちの宿場があって栄えた。

日光街道は、東海道や中山道とともに、幕府が整備を進めた江戸五街道の1つで、日光東照宮まで続く重要な街道だ。
同時に宇都宮までは奥州街道と重複しており、現在は国道4号がそれを継承している。
(06.03.19.撮影)

利根川橋
R004_137
かつては利根川を船で渡していた日光街道は橋が架けられ、現在は上下線で別の橋が架けられている。
下り線は、大正13年に関東大震災復興事業で架けられたもので、利根川に架かる現役の橋の中で、最古のものと言われている。
橋中央部はトラスであるが、橋脚の数が多いのが特徴。
その後、交通量が増加したり、車が大型化したことなどにより、上り線用に橋を架けた。
さらに、国道4号自体が、交通量が増えてしまったことで、新4号バイパスが別に作られ、そちらが渡る橋は「新利根川橋」と呼ばれ、本橋よりはるか下流にある。
下り線用の古いトラス橋は、老朽化の進行と、多くある橋脚による出水時の障害により、撤去・架け替えされることとなった。
写真はその工事が進められているところだが、トラス橋はまだ供用されている。
土木近代化遺産にも指定されているトラス橋は、古河市側で保存されることになっている。
(06.03.19.撮影)


大きな地図で見る

2009.08.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 関東の国道

コメント

橋って、好きなんですよね

今年の5月に、用事があって初めてクルマで栗橋まで行きました。
高速を使ったので、国道4号には出ることがなかったのですが、こういった経歴のある場所だったのですね。
橋は、人間と自然の妥協点だとボクは思っているのですが、この橋の場合は、最初の妥協点からどんどん人間側の言い分を押していっているようですね。
その昔、橋ができる前は、利根川と渡良瀬川の合流地点として、川側のやりたい放題だったのでしょうけれど。

2009-08-29 土 11:37:36 | URL | I.Z. #msMDKDL6 [ 編集 ]

Re: 橋って、好きなんですよね

■I.Z. さま
いつもありがとうございます。
僕も橋は大好きで、国道写真を撮るとき、大きな川を渡る橋は必ず撮るようにしています。

>人間と自然の妥協点…

僕はむしろ逆の意見で、川という自然相手に、人間が技術で克服を試みてきたもの…
という意味で、「人間の自然への挑戦」という風に見ています。

でも、行き着く結論、

>その昔、橋ができる前は…川側のやりたい放題だった…

という結論は同じ意見です。

道は時代とともに変化する生き物のようなものだと思いますが、
道路の新技術が発明されたり、交通量が増えたり減ったり、
信号1つで渋滞が出来たり、事故が減ったり…

橋も同じく、橋の生き様は絶えず変化する、生き物のように見えます。

人工物が生き物に見えてしまう、という症状は、かなり重症なマニアかも知れませんが…

2009-09-01 火 03:14:21 | URL | lonechuck999 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード