スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

<ドライバーのつぶやき>カニ授業

満月の夕方、満潮になるころ、
陸に住むカニが、産卵のために波打ち際にやってきて、
使命を果たした母ガニは、水が苦手なので、さっさと陸に帰る。

この見学会に参加してきました。

日が暮れた19時頃の見学会。
正直言って、ホントにカニがやってきて、
波打ち際で産卵があったかどうか、
暗くてよく見えなかったです。

でも、僕にとって、とても感動したのは、
カニが卵を産んだかどうかではなくて、

湾と、それを囲む森、その中を流れる小さな小川。
1つの閉じた生態系として、
完全に人の手つかずの状態に保たれているということ。

宅地も無く、道路も無く。
国有地と私有地にまたがる広い森を守る市民運動がありました。

話には聞いていたナショナルトラストが、
この地で活用されていました。



波打ち際の膝まで入る見学者には、
安全を守るボランティアスタッフがいます。

見学者もボランティアも、
「この人たちは、なぜ、何のために、
夕方の暗い時間に、こんな森までやってきて、
夏とはいえ夕方はちょっと冷たい海に、膝下まで入って、
上半身は蚊に喰われながら、
ちっぽけなカニごときの産卵なんぞ、
金をもらうわけじゃないのに…」

と、ふと思う瞬間もありました。
自分だって、そうなのですが。

この「なぜ」に対する答えって、
いったい何だろう…

自分の研究テーマに近いところでもあります。

MA340185.jpg

2009.08.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライバーのつぶやき

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。