スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

被災地通い3

MA340669.jpg

行って、帰って、1000km。

首都高から東北道に入り、水沢ICで降りて、
北上高地の峠を越えて、東の沿岸部へ。
そして帰りは、その逆のルート。

ひたすら走る。
体も慣れてくると、休憩は1回だけで良い。

---
沿岸部から少し内陸の、住田町。
家を失った方々が暮らす、仮設住宅のある町での支援をしています。
受け入れ側の地域の方々と一緒に活動しています。

「買ったばかりの家が流され…」
「先輩の高級車が、雑巾のようにねじれ…」
「料理人だった息子と嫁は、まだ見つからず…」
「セシウムで出荷停止になった畜産農家…」

地元では、まだまだ、そんな話が出ています。

何かできることはないか、と、多くの人が想っています。
そして、その想いを形にしたいと努力している人たちがいます。

被災者、支援者、多くの人たちと話をしながら、一歩ずつ、
「過去の話」よりも「未来の話」のほうが増えるように、
小さなお手伝いをしたいと思っています。

小さなジャンプでも、それを繰り返せば、いつかは大きな軌跡に!

---
明日は東京で仕事なので、戻ってまいりました。
週明けにまた、東北道の星になります。

2011.07.28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 国道男2011年

コメント

被災地への支援活動、ほんとうにお疲れ様です。
ハードスケジュールですが、お身体は大丈夫ですか?
被災された方々に寄り添って、一緒に働いておられるとのこと、
実際に現地に足を運び、ともに生活する中でしか、
見えてこないことがいっぱいあるように思います。
『「過去の話」よりも「未来の話」のほうが増えるように、』
ほんとうにそうですね。 祈っています。
ご自分のお身体も労ってくださいね。

2011-08-05 金 18:48:48 | URL | petero k #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

■petero k さま
いつもありがとうございます。
レスが遅くなってすみません!
仮設住宅の方々に、徐々に顔も名前も覚えてもらえるようになりました。
3/11当時の話も、おもしろ可笑しく話してくれますが、
正直、笑えないくらい、恐ろしい話でもあります。
これからも、通いながらの生活になりますが、少しずつ後方支援へと形を変えたいと思っています。

2011-08-25 木 22:59:30 | URL | lonechuck999 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。