国道237号 火山丘陵地の美瑛町

美瑛(びえい)町中心部(北海道美瑛町)
R237_042
明治27(1894)年に兵庫県からの入植から始まった美瑛町は、農業の町だ。
東に大雪山系が連なる美瑛町は、丘陵の風景や花畑が有名で、「丘の町」というキャッチフレーズが付いている。
また、33町村が加盟する「日本で最も美しい村連合」の旗ふり役の町でもある。
辺別川を渡るとすぐに美瑛町の市街に入り、商業施設などが並ぶ。
市街地の中では国道にも歩道があり、沿道の住民たちが花を植えていることが多い。
(05.08.15.撮影)

火山の麓の丘陵地(北海道美瑛町)
R237_045
大雪山、十勝岳などの火山の西側に広がる美瑛は、なだらかな地形の中を多くの河川が谷底を広げ、緩やかな丘陵地帯になっている。
石狩川の支流である美瑛川には、多くの河川が流れ込んでいる。
市街を過ぎると、国道は谷と丘陵の繰り返しのゆるいアップダウンが続く。
(05.08.15.撮影)

美馬牛地区(北海道美瑛町・上富良野町)
R237_050
谷と丘陵のアップダウンを繰り返すうち、国道は2つの河川を分ける分水界を越える。
やや高い丘陵の頂まで高度を上げたところに、美馬牛(びばうし)地区がある。
この分水界は、石狩川水系の美瑛川と、同じく石狩川水系の富良野川を分ける。
2つの川は、幌内山地をぐるっと回って、滝川で合流することになる。
ここから国道は富良野盆地へと向かっていく。
旭川と富良野を結ぶ国道は、物流と観光の交通量が多い。
(05.08.15.撮影)

次回は上富良野(かみふらの)町を紹介します。

2010.06.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 北海道の国道

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード