スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

国道237号 上川盆地の30万都市・旭川市

今日から北海道旭川市から富良野市までの国道237号を紹介します。
国道撮影も始めたばかりのころの、初代デジカメで撮影した写真を使用しています。


旭川市中心部・R12交点(北海道旭川市)
R237_007
石狩(いしかり)川、美瑛(びえい)川、忠別(ちゅうべつ)川、牛朱別(うししゅべつ)川などの河川が一気に合流する地点が上川盆地だ。
上川盆地は、道北・道東・道央への交通の分岐点にもなっていて、その盆地にある旭川は交通・経済・行政の人口約36万人の中心都市である。
明治22年に屯田兵村として開拓されて以降、周辺の農産物、林産物、これらの加工業製品の集積地として発展し、現在は商工業が中心の都市だ。
北海道の都市の共通点でもあるが、京都のように碁盤の目のように街路が形成された近代都市計画による都市構造になっていて、国道もその碁盤の1つの街路となっている。
(05.08.15.撮影)

郊外の新興住宅地(北海道旭川市)
R237_012
旭川市中心部から南方へと下っていく国道は、JR富良野線と並走する。
神楽岡駅から西神楽駅の間は、国道・鉄道が隣り合わせになり、直線が続く区間だ。
沿道には、旭川のベッドタウンとも言える住宅地や郊外型のショッピングセンターなどが並ぶ。
(05.08.15.撮影)

JR富良野線と並走する(北海道旭川市)
R237_019
旭川市のある上川盆地から、美瑛川に沿って遡上する国道は、同じく富良野を目指すJR富良野線と並走する。
富良野線は1900年に開通し、当時は旭川と釧路を結ぶ幹線だったが、その後すぐに釧路への起点が旭川から滝川に移ったことから、ローカル線へとなっていった。
美瑛や富良野を通ることから、観光路線でもある。
郊外型の住宅地も徐々に寂しくなり、沿道には大規模な農地や放牧地などが広がるようになる。
(05.08.15.撮影)

次回は旭川市南部を紹介します。

2010.05.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 北海道の国道

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。