スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

<ワンダーランド号>相棒への決意



土曜日にドック入りしたワンダーランド号。
6ヶ月おきに定期的にドックに入れて、不具合の調整をしてきました。

今度の12月で車検を迎える、その6ヶ月前の今回のドック入り。

大きな故障も無いので、次の車検も通すか!
というつもりで、今回も大した修理もないものだと、
相棒を信じていました。

そして検診結果。
改めて、相棒が過労であることを知りました。

---
1)ブレーキパッドの固着
原因は不明だが、ブレーキパッドが偏摩耗して固着し、
パッドだけでなく、ローターとキャリパーを交換するハメに。
無理な力がかかってるのか、時間的な劣化なのか、分かりませんが…
前回の点検では、見落としていたところでした。
かなりな修理費を要する見通し。

2)ステアリングのオイル漏れ
ハンドルから小さな異音がしていて、
今までは、無視していましたが、改めてメカニックに相談。
点検の結果、ステアリングオイルが漏れていたとのこと。
エンジン内でそのような漏れがあったとは…
素人の日常点検では見落としていました。
ゴムパッキンなどの劣化なのかどうか…ちょっと心配です。

3)ファンベルトの亀裂
ゴム類の経年劣化です。
前々回の点検でタイミングベルトを交換した時に新品にしたので、
1年で劣化は早過ぎな気がします。

4)タイミングベルトの交換
前々回に交換してから8万キロを走っているので、
一般的に寿命と言われている10万キロになる前に交換です。
1回の交換で8万円くらいかかる、高額な修理です。
ついでに、エンジンの点火プラグも交換予定。

---
と言った具合に、
まあ、毎回、金を飲み込むワンダーランド号。

これだけの高額整備をやるか、やらないかは、
すなわち、6ヶ月後にやってくる車検を通すか、通さないかを選択すること。

メカニックから20万円を超すと言う概算見積もりを知り、
かなり悩みました。

A:「車検を通さずに、整備は最小限にして、お金を貯めて、4号を買うか」

B:「30万キロ目指して、3号を乗り続け、そのために高額な修理をするか」

---
答えはBにしました。

直せば乗れるのなら、直して使う。大事な相棒。

もうすでに、中古購入価格の倍近い金を修理につぎ込んだ。大事な相棒。

エンジンはまだまだ調子が良いみたい、だから、もうちょっとオレに付き合え!

4号への交代の検討は、2年後に持ち越し。

---
日産のVG2000のV6エンジン。
初代ワンダーランド号と同じエンジン。

初代は27万キロ走った。
3号は、もっと走れるさ。

2010.05.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ワンダーランド3号

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。