スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

<レビュー>国土学再考 「公」と新・日本人論

国土学再考 「公」と新・日本人論
大石 久和 (著)

仕事に追われていて、事務所を不在にしているとき、
いつも好意にしてくださる取引先の方が来訪して、
そっと僕のデスクに置いていったくださった本。

ようやく時間ができたので、読んでみました。

建設省出身の著者は、
災害列島日本で、世界に通用する国力を持つために、
道路や港湾などの社会的インフラは、いまだに不十分で、
やみくもに言うだけの「無駄な公共事業を減らせ」に、
真っ向から対立する立場。

よくヨーロッパやアメリカと比較して、
GDPあたりの公共土木事業の比率が高いだの、
道路整備率は海外より劣っているだの、
他国との比較をしつつ、

一方で、大量殺戮の歴史を歩んできた城壁文化のヨーロッパと違い、
穏やかで事なかれ主義的な日本の文化は、地震や水害などの天災が多い風土がもたらしたもの、
と指摘。
つまり、「人が人を殺してきたヨーロッパ」と「天災が人を殺してきた日本」では、
死に対する恨みの行き先が異なり、
天のみが人を殺すことができる、という日本の風土が、日本人の宗教的思想を生んだ、
とも指摘。

個人が自身の社会的役割を認識して、真の市民社会を勝ち取ったヨーロッパに対して、
日本は、「村落」型の顔の見える小さな社会では、組織力を発揮するが、
都市型の社会では、自己を主張しなさすぎる傾向にあり、
世界に対峙できない、という論調です。

前半の、「もっと道路を作れ、港を大きくしろ」的な論調には、
ちょっと不快感を感じましたが、

後半の、日本人の社会の作り方の話は、とても参考になりました。

古来からムラ社会で生きる術は、日本人に遺伝子のように染み付いていて、
同時に、欧米型の真の市民主義社会のイイトコ取りをしてきた日本で、
いったいどのようにして、社会資本を整備して、それを使いこなしていったら良いか、
日本人の習性を知っておくには、分かりやすい本だと思いました。

…ただ。
同じ文章の繰り返しも多々あって、
ちょっとくどいし、
感情むき出しの客観性の低さが、
ちょっと気になります。


2010.02.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | レビュー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。