スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

国道457号 長崎川とともに丘陵尾根を目指す

長崎川に沿う大栗地区(宮城県栗原市)
R457_031
東北地方を北から南に流れる大河・北上川の支流の迫川は、一迫、二迫、三迫の3つの支流を持つ。
その一迫川流域は旧一迫町が占めているが、町内には一迫川に注ぐ小さな支流の長崎川が流れている。
長崎川と一迫川は旧一迫町中心部付近で合流するが、この2つの川の間には小さな丘が横たわる。
この丘を越す区間はR398との重複区間でもあり、大栗地区で2つの国道は別れる。
長崎川沿いは大きな平地は無く、わずかな平地に水田をつくり、丘の縁に小さな集落が出来ている。
これより国道は、長崎川をさかのぼって、市境を目指す。
(07.08.12.撮影)

長崎川最上流部の集落(宮城県栗原市)
R457_023
丘陵の中を流れる長崎川には広い平地が無いが、わずかな平地には耕地が整備されている。
集落は山裾にあって、山を背にして耕地に面している。
道路もこの山裾のラインに沿って進んでいて、カーブが多く続く。
路面が赤色なのは、ドライバーに急カーブが存在することを視認させるための工夫の一つ。
(07.08.12.撮影)

迫川流域から江合川流域を目指す(宮城県栗原市)
R457_019
東北地方の真ん中に南北に横たわる奥羽山脈の前衛として、宮城県西部には丘陵が連なっている。
丘陵の中には幾筋も川が流れていて、北上川へ注いでいる。
栗原市内を流れている川も、迫川として一旦集まったあと、北上川へと注ぐ。
この迫川流域の最も南を流れるのが長崎川であり、これを越えると次の流域である江合川流域に入っていく。
この流域を分つ丘陵部を越えるように、国道は走っていく。
丘陵内は植林地が目立ち、群生した黄色い花が彩りを添える。
(07.08.12.撮影)

次回は、栗原市から大崎市へと入り、国道47号との交差点を目指します

2009.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 東北の国道

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

lonechuck999

Author:lonechuck999
国道、港湾、河川、都市を回る家出人

検索フォーム

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。